BlankTar

about | blog | works | photo

さて、第二回の今回はgentoo編です。
gentoo linuxにVidaliaってのをセットアップして軽く使ってみるよ。
前回に引き続いて今回も簡単すぎてアレだけどね。
次回は(あるとすれば)pythonでTor越しの接続をためしてみるので、お楽しみに。

インストール

# emerge tor
これだけ。何も面白いことないっす
依存関係で何かあれば、まあ適当に。

設定を見てみる

設定関係は/etc/torにまとめてあります。
他にもあるかもしらんが、知らんっ ここだけで問題ないっ

設定ファイルはtorrc
同じディレクトリにtorrc.sampleがあるので、それを見ながら設定してみてください。
他のホストから使用したい場合はSocksPortとかSocksPolicyの設定が必要になる、のかな?
ローカルだけの仕様ならいじらなくても動く、かも。

tor-tsocks.confってのもあるんだけど、よく分からん・・・。
まあ、いじらないでも動いたから、多分大丈夫だよ、多分。
どなたかご存知でしたら教えてくらはい。

起動する

# /etc/init.d/tor start
で起動出来ます。普通だね。

 * Tor configuration (/etc/tor/torrc) is valid.
 * Stating Tor ...
とか出れば、多分成功。

Tor configuration (/etc/tor/torrc) not valid
って出た場合、設定ファイルにミスが有るはず。
エラー出力を見ると色々書いてあるので、まあ頑張って直してください

PCの起動と同時に立ちあげたいなら
# rc-update add tor default
っす。これもいつも通り。

終了は
# /etc/init.d/tor stop
ね。

試してみる

ここまでくればVidaliaの設定は終了、あとは使うだけです。
といっても、プロキシの設定がありますが。
お使いのブラウザの設定を開いて、プロキシを設定してください。
何も設定していなければポートは9050になります。
socks5://127.0.0.1:9050とかにすれば問題ない、かな?

注意点として、ご覧のようにsocksっていうプロトコルを使います。
このsocksってのは中々万能なようで、http通信以外にも使えるみたいね。ま、それは次回。

IPチェックサービスみたいのを利用してIPアドレスを確かめてみてください。海外のよう分からんプロバイダのIPになってるはず。
なってない? ポート番号の設定とか、その辺じゃなかろうか。


さて、これでVidaliaの設定ができたはず。
ま、ブラウジングするだけならTor Browserのlinux版使ったほうがいいと思うけどね。
インストールの必要がないし、凄く簡単。
わざわざVidaliaをセットアップするメリットはsocksを自由に使えるところにある、ような気がします。
ブラウザを変えなくていいのもメリットかな。

< 今話題(?)のTorを使ってみる - windows編 startxした時にtimeout in lockingとか言われる >