BlankTar

about | blog | works | photo

LANケーブルでさ、cat5だのcat6だのってのがあるじゃございませんか。
最近だとcat7なんてのもちょいちょい見るよね。10000baseだぜ。はんぱない。
でね、常々疑問に思っていたことが1つあるんだ。
なんで同じ形のケーブルなのに速度が違うんだよ。訳わからんよ。

という訳で、調べてみました。

簡単に言っちゃうと、イーサネットケーブルの8本の線のうち4本の線を使って、送信+、送信-、受信+、受信-に振り分けて1本100Mbpsで使うのが100base。つまりcat5。
1, 2, 3, 6番のピンだっけ?

で、残り4本についても同じように割り当てて、一つの線を250Mbpsにして使うのが1000base。これがcat6。

cat5のケーブルを使うと1Gbps出ないのは、線が4本足りないからなんだね、きっと。
そう考えると色々納得。

ちなみに、cat7というのは線の本数的にはcat6と変わらないようです。
単純にノイズに強いってことみたい。多分。

参考:
100Base-TX、1000Base-TX、1000Base-Tにおける伝送方式の違い - エイム電子株式会社
カテゴリー7ケーブル - wikipedia

< ついでにzfsのデータ圧縮を試してみる pythonのmax / min関数は意外と便利 >