BlankTar

about | blog | works | photo

サーバー移行もありかと思ってnginxを試してます。
404ページが表示されなかったので、調査。
トップページが200 OKで返ってきちゃうのよね。OKじゃないっつの。

nginxでのエラーページの設定は
error_page 404 /404.html
みたいに書くらしい。

error_page 400 401 402 403 404 /40x.html
的なことが出来るそうな。500系をまとめたりすると便利かも。

でも、こいつをセットしても動かない。何故か。
初期設定(ubuntuのapt-getでinstallしたもの) だと、
location / {
	try_files $uri $uri/ /index.html;
}
みたいのがある。(コメントは省略してます
なんか、怪しい。

どうやら、こいつはファイルが見つからない時の挙動を設定するものらしい。
=code とすればステータスコードを返せるらしいので、書き換えてみた。

location / {
	try_files $uri $uri/ =404;
}
こんな感じにしてみた。

とりあえず動いた。
apacheとは随分雰囲気が違って面白いねー。


参考:nginx連載5回目: nginxの設定、その3 - locationディレクティブ - インフラエンジニアway - Powered by HEARTBEATS
< pythonで最大値、最小値を求める色々 uwsgiでpython動かそうとしたらunrecognized optionって言われた。 >