BlankTar

about | blog | works | photo

bashのif文って割と便利で、あらゆるコマンドの戻り値を使って分岐できるんですよね。って言うのはまあ、知ってる。普通に。
正規表現使えないかなーと思って調べてみたら、使えるらしい。こいつはコマンドじゃなくて、オペレータらしいけど。bash組み込み?

使い方は
$ if [[ "test" =~ t.st ]]; then echo "match"; fi
match
$ if [[ "t#st" =~ t.st ]]; then echo "match"; fi
$ if [[ "abc.mp3" =~ ^[^.]\.mp3 ]]; then echo "match"; fi
ってな感じ。

ポイントは[[のように括弧が二重になっていることと、正規表現がクオートとかで囲まれてないこと。
クオートで囲っちゃうと何も言わずにマッチしなくなるのでかなり注意です。怖い怖い。

マッチした部分はBASH_REMATCHと言う配列に入るようになっていて、
$ [[ "abc.mp3" =~ ^(.+)\.([^.]+) ]]
$ echo match: ${BASH_REMATCH[0]}
match: abc.mp3
$ echo name: ${BASH_REMATCH[1]}
name: abc
$ echo ext: ${BASH_REMATCH[2]}
ext: mp3
なんてことが出来ます。あら便利。
ちょっとした作業するには素晴らしいねこれ。

*とか?だけでは物足りないけれど、エディタ開いてコード書くのも面倒、なんて時に使えそう。かゆいところに手が届く。
・・・なんて言ってると長い長いワンライナーになってしまって後悔するんでしょうね、気をつけます。

参考:
bashの正規表現マッチングの使い方 - adsaria mood
Stray Penguin - Linux Memo (BASH)
< pythonのyieldでグリーンスレッド(笑) apacheでmod_authz_svnを読み込もうとしたら失敗した >