BlankTar

about | blog | works | photo

世の中にはいろんなディストリビューションという奴があって、それぞれにパッケージマネージャというのがあって、そんなわけでいろんなパッケージマネージャがあります。
まあでもそんなことはどうでも良いんだきちんと動きさえすれば、という方のためのパッケージマネージャの使い方早見表。

APT aptitude Homebrew MacPorts pacman portage Yum
使われている場所 Debian系 Debian系 OS X OS X Arch Linux Gentoo Linux RedHad系
アップデート # apt-get update
# apt-get upgrade
# aptitude update
# aptitude full-upgrade
# brew update # port selfupdate
# port upgrade outdated
# pacman -Syu # emerge --sync
# emerge -uD world
# yum update
検索 # apt-cache search [検索ワード] # aptitude search [検索ワード] # brew search [検索ワード] # port search [検索ワード] # pacman -Ss [検索ワード] # emerge -s [検索ワード] # yum search [検索ワード]
インストール # apt-get install [パッケージ名] # aptitude install [パッケージ名] # brew install [パッケージ名] # port install [パッケージ名] # pacman -S [パッケージ名] # emerge [パッケージ名] # yum install [パッケージ名]
アンインストール # apt-get purge [パッケージ名] # aptitude purge [パッケージ名] # brew remove [パッケージ名] # port uninstall [パッケージ名] # pacman -Rs [パッケージ名] # emerge -C [パッケージ名] # yum remove [パッケージ名]

とりあえずメジャー・・・ってか、自分が使う(or使いそう)なものだけ。
こうやってみるとpacmanのオプションの短さは異質だな・・・。

参考:
aptitudeコマンド(パッケージの管理)
Homebrewの導入と使い方 | CAPH TECH
MacPortsの基本的な使い方とコマンド : アシアルブログ
yumコマンドの使い方 (偉大なるOSS)
pacman (日本語) - ArchWiki
< gentooのカーネル更新したらvboxdrvがどっか行った HaskellでCGIを書いてみた >