BlankTar

about | blog | works | photo

OpenCV楽しくてやばいですはい。輪郭検出も出来るようで、キャニー法とやらを使って軽く遊んで見ました。遊んでたらなんかかっこいいのが出来ました。

ターゲットにするのは今回はレナさんではなくて、立川で撮ってきた謎の道祖神くん。
立川の謎の道祖神くん


で、肝心のキャニー法の使い方はこんな感じ。
import cv2

img = cv2.imread('in.jpg')

out = cv2.Canny(img, 50, 150)

cv2.imwrite('out.jpg', out)
おお、かつてなく簡単だ。
これだけで輪郭を検出できてしまう。

出力はこんな。
輪郭検出された立川の道祖神くん


パラメータ変えるとちょっとずつ出力が変わって面白いので、3通りやって重ねてみた。
import cv2

img = cv2.imread('in.jpg')

b = cv2.Canny(img, 25, 200)
g = cv2.Canny(img, 50, 150)
r = cv2.Canny(img, 100, 100)

img[:,:,0] = b
img[:,:,1] = g
img[:,:,2] = r

cv2.imwrite('out.jpg', img)
これはこれでシンプル。
赤、青、緑のそれぞれにパラメータ違いで重ねています。

んで、結果がこんな。
3通りの輪郭検出された立川の道祖神くん

超かっこいい!
< python/OpenCVで透過pngをオーバレイする pythonのOpenCVでモザイクをかける >