BlankTar

about | blog | works | photo

以下の画像はこの一週間での私のサイトへのアクセスの参照元です。
social-buttons.comとやらから195件のアクセスが来てる
ご覧のとおり、social-buttons.comとか言うところからがっつりアクセスされてます。
このサイトからアクセスされるようになったのは先週の月曜日からなんですが、いや唐突に来すぎだろうということでちょっと調べてみた。

social-buttons.comからのアクセスは全てトップページのみで、直帰率100%で平均滞在時間が0秒でした。
・・・あー、明らかなスパムだこれ。分かりやすい。
ほぼ同じ名前でbuttons-for-website.comなんてところからも細々と来ていて、これもほぼ同じ特性。

このまま残していてもウザいので、フィルタ掛けて消してしまいましょう。
ページ上部にあるアナリティクス設定を開いて、ビューの中のフィルタをクリック。
+新しいフィルタをクリックして新しいフィルターを作ります。
んでもって、フィルタの種類をカスタムに設定。フィルタフィールドをキャンペーンのソースにして、フィルタパターンにsocial-buttons\.comと記述。
これで完成。
下の方にある「このフィルタを確認する」をクリックしてチェック。きちんと出ればおっけーです。
保存して終了。んで設定は完了。
反映されるまでに時間がかかるっぽいので気長に待ちましょう。

ちなみに、フィルタパターンは正規表現なので、ドットにエスケープが必要なので注意。.じゃなくて\.って書かないとダメ。

・・・どうでも良いけど、GUIの説明って面倒くさくなるから嫌いだ。

参考: 参照元による除外 - アナリティクス ヘルプ
< Haskellであまり末尾再帰を使わない理由 C言語/GTKでファイルやらソケットやらのfdが読み込み(or書き込み)可能になるのを待ちたい。 >