BlankTar

about | blog | works | photo

なぜかここのところftpを使う機会が多いので、linuxのftpクライアントであるlftpのチートシートでも作ってみようかなと。最近全然記事書いてなかったしね・・・。
使いそうなものだけなので、詳しくは別のサイトをご覧ください。

接続時は
$ lftp URL[:ポート番号]
lftp URL:~> user ユーザー名
パスワード:
みたいにしてuserコマンドでログインするか、
$ lftp ユーザー名@URL[:ポート番号]
パスワード:
みたいにしてまとめてログインするか。
まあなんか、適当に。

で、主なコマンドは以下に。
全てのコマンドでタブ補完が聞くっぽいです。C-p/C-nとかC-rなんかの履歴も使えるっぽい。
ls リモートホストのファイル一覧を表示。
ディレクトリ名を引数につければ、そのディレクトリ内のファイル一覧を表示してくれる。
!ls ローカルホストのファイル一覧を表示。
普通にローカルホストのlsコマンドを呼んでいるだけなので、普通のlsの全てのオプションが使える。
cd DIR リモートホストのディレクトリを移動する。
lcd DIR ローカルホストのディレクトリを移動する。
pwd リモートホストのカレントディレクトリを確認する。
lpwd ローカルホストのカレントディレクトリを確認する。
cat FILE リモートホストのFILEって名前のファイルの中身を表示する。
catと言うだけあって複数ファイルにも対応。繋げて表示してくれる。
rm FILE リモートホストのFILEって名前のファイルを削除する。
put FILE ローカルにあるFILEって名前のファイルをアップロードする。
mput FILES 複数のファイルをまとめてアップロードする。
ワイルドカードとかも使えるので便利。
get FILE リモートにあるFILEって名前のファイルをダウンロードする。
mget FILES 複数のファイルをまとめてダウンロードする。
こちらもワイルドカードとか使える。
mkdir DIR リモートホストにDIRって名前のディレクトリを作る。
!COMMAND ローカルホストでCOMMANDを実行する。
なんでも使える。
exit lftpを終了する。
help ヘルプを表示する。
後ろにコマンド名をつければ、そのコマンドのヘルプが表示される。

ローカルで実行するときはlcdとlpwdだけがl(エル)で始まっていて、それ以外は!(エクスクラメーション)から始まるので注意。面倒くさい。

まあぶっちゃけ、curlftpfsか何かでマウントしちゃった方が楽で良いと思わんでもない。
< dcコマンドで遊んでみた WerkzeugのSecureCookieを試してみた。 >