BlankTar

about | blog | works | photo

カーソルが画面内をポンポン跳ね回るだけの謎プログラムを書きました。
ついでにクリックのエミュレーションも試してみました。

というわけでカーソルが跳ね返るプログラムから。
#include <unistd.h>
#include <X11/Xlib.h>
#include <X11/Xutil.h>

int main()
{
	Display *display = XOpenDisplay(NULL);
	int display_width = WidthOfScreen(XDefaultScreenOfDisplay(dpy));  // ディスプレイの横幅の取得。
	int display_height = HeightOfScreen(XDefaultScreenOfDisplay(dpy));  // ディスプレイの縦幅の取得。
	int x=0, y=0;
	int mx=1, my=1;

	while(1)
	{
		XWarpPointer(dpy, None, DefaultRootWindow(dpy), 0, 0, 0, 0, x, y);
		XFlush(dpy);  // これを呼ばないとカーソル移動のイベントが処理されない。

		x += mx;
		y += my;

		if(x < 0 || w < x)
			mx *= -1;
		if(y < 0 || display_height < y)
			my *= -1;

		usleep(1000);
	}

	XCloseDisplay(dpy);

	return 0;
}
斜めに飛んで行って、画面端で跳ね返ります。それだけです。

で、クリックのエミュレーション。
#include <X11/Xlib.h>
#include <X11/Xutil.h>

int main()
{
	Display *dpy = XOpenDisplay(NULL);
	XEvent event = {0x00};

	XWarpPointer(display, None, DefaultRootWindow(display), 0, 0, 0, 0, 0, 0);  // わかりやすいように左上にジャンプしてからクリックするようにした。

	XQueryPointer(dpy, RootWindow(dpy, DefaultScreen(dpy)), &event.xbutton.root, &event.xbutton.window, &event.xbutton.x_root, &event.xbutton.y_root, &event.xbutton.x, &event.xbutton.y, &event.xbutton.state);  // マウスカーソルの現在位置とかを取得しているようだ? よく分からん。


	// ボタンをクリック
	event.type = ButtonPress;
	event.xbutton.button = 1;  // 1だと左ボタン。2で中ボタン、3で右ボタン?

	XSendEvent(dpy, PointerWindow, True, 0xfff, &event);


	// ボタンを離す
	event.type = ButtonRelease;
	event.xbutton.state = 0x100;

	XSendEvent(dpy, PointerWindow, True, 0xfff, &event);


	XCloseDisplay(dpy);

	return 0;
}
大体こんなもんで動くと思う。もしかしたらPressとReleaseの後にスリープを入れないといけないかも。

カーソル移動は楽ちんなのに、クリックしようとしたら途端に難しくなって何だかなーという感じ。もうちょい楽にできればいいのだけれど。

参考:
Manpage of XWarpPointer
Xlib - MouseClick | DZone
< Linuxのinotify-toolsでファイルやディレクトリの変更を監視する pythonでキリ番かどうか判定する >