BlankTar

about | blog | works | photo

日本語の変換って面倒臭いので、なんとかもっと手っとり早くできないものかと思いまして。
SKKとかいう謎なIMEに手を出してみることにしました。

SKKというのは文節の解析を自動で行なわず、全部手動で入力しようというシロモノです。要は、「ここではきものをぬいでください」を確実に変換できる、ということらしいです。
詳しい解説は探せばいくらでも出てくると思いますので、そちらをどうぞ。

私が普段使っているのはscim-anthyなので、リポジトリに入ってたscim-skkを入れようとしたのですが、コンパイルエラーで入らず。gtkのバージョンが違うのが原因っぽいのだけれど、分からんので諦める。
ibus-skkの方は入るには入るのですが、python2で書かれているskkをpython3で起動しようとするらしく、動かない。
仕方がないので、fcitxとやらを使ってみることにしました。

とりあえず、githubにあるやつを落としてくる。
$ git clone https://github.com/fcitx/fcitx-skk.git
場所はなんか適当に。

そしたら、必要なパッケージをemerge。
# emerge fcitx libskk skk-jisyo
必要に応じてcmakeとかqtとかも入れてください。

準備が出来たら、コンパイルする。
$ cd fcitx-skk
$ cmake .
$ make
$ sudo make install
大体こんなもんで。

いつもの環境変数の設定とデーモンの起動を.xinitrcあたりに書く。
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
export GTK_IM_MODULE="xim"
export QT_IM_MODULE="xim"
fcitx
起動時のオプションは要らないみたいです。

で、確認すると、多分出来あがり。
この記事は初めてのSKKで打っているのですが、なんとも奇妙な感覚です。
変換候補を確かめる時間はほぼゼロに近いのだけれど、その代わりに送りがなの位置で詰まる、みたいな。
慣れるとめちゃめちゃ早く打てるようになりそうな気がします。ただ、小指が痛いです。
< gnuplotで書いた棒グラフのx軸に生える線を消したい cmakeにThe current CMakeCache.txt directory云々とかってエラー吐かれた。 >