BlankTar

about | blog | works | photo

このサイトの管理は自作のCMSモドキでやっているのですが、そのCMSモドキで使用するマークアップ言語を変更しました。
変更先の言語はこれまた自作のふにゅうというモノです。ぶっちゃけmarkdownとかにした方が楽な気がしないでもない。

エスケープなしでそれなりに綺麗にHTML5に変換してくれるもの、というのが目標になってます。リファレンスがリポジトリにあるのでご興味があれば。
現時点ではコンソールからの利用は出来ませんが、多分出来るようにすると思います。多分。

pythonからの利用はこんな感じ。

>>> import funyu
>>> f = funyu.Funyu()
>>> f.parse('''title: this is test

hello, <<world>>!
''')
>>> print(f.as_html())
<p>
hello, <em>world</em>!
</p>

as_htmlの代わりにas_funyuとするとふにゅう形式でも取得できます。ぶっちゃけ謎機能。

以上、テスト記事、でした。

< pythonのdoctestのカバレッジを取る gentooでコンソールからgmailを読み書きする >