BlankTar

about | blog | works | photo

海外旅行行ってきました。行ってきたのは良いのですが、カメラの日時を修正するのを忘れておりまして。
明らかに朝撮った写真なのにメタデータでは午後だったりするのがきもちわるい。というわけで、さくっと修正してみました。

修正にはexiv2というツールを使います。windows版もあるそうなので、linuxに限らず使えると思います。
また、この記事ではJPEG画像の例だけ書いていますが、DNG画像に対しても同じコマンドで使えました。他の形式のraw画像も多分平気。

とりあえず現状確認から。

$ exiv2 test.jpg

これで簡単な情報が出るのですが、簡単すぎて日時が載ってません。

詳細出力は以下のような感じで。

$ exiv2 -pt test.jpg

長いのでgrepするとこんな感じ。

$ exiv2 -pt test.jpg | grep DateTime
Exif.Image.DateTime                          Ascii      20  2015:09:14 15:00:29
Exif.Photo.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 15:00:29
Exif.Photo.DateTimeDigitized                 Ascii      20  2015:09:14 15:00:29
Exif.Image.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 15:00:29

私のカメラではこんなんなりました。物によっては別のタグが付いたり付かなかったりする、かも。
この画像の撮影時間を7時間巻き戻してみます。

時間を足したり引いたりするのに便利な-aオプションというのがあるので、それを使ってみます。

$ exiv2 -a -7 test.jpg
$ exiv2 -pt test.jpg | grep DateTime
Exif.Image.DateTime                          Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Photo.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Photo.DateTimeDigitized                 Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Image.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 15:00:29

出来ました。…と思ったら、出来てない。
何故だか分らないのですが、Exif.Image.DateTimeOriginalは修正してくれないようです。
ちなみに、-a -6:30:10とかやって細かく修正することも出来ます。詳しくはman pageをどうぞ。

で、やってくれないんじゃ仕方がないので、DateTimeOriginalは手動で設定します。

$ exiv2 -M 'set Exif.Image.DateTimeOriginal "2015:09:14 08:00:29"' test.jpg
$ exiv2 -pt test.jpg | grep DateTime
Exif.Image.DateTime                          Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Photo.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Photo.DateTimeDigitized                 Ascii      20  2015:09:14 08:00:29
Exif.Image.DateTimeOriginal                  Ascii      20  2015:09:14 08:00:29

うまくいきました。やったね。
クォートがとても不思議な囲い方をしているので注意です。

このままだとかなり面倒なので、シェルスクリプトにしてみます。

for img in `ls *.jpg`; do
	exiv2 -a -7 $img
	exiv2 -M "set Exif.Image.DateTimeOriginal '`exiv2 -g Exif.Image.DateTime $img | sed -e 's/.*20 \+//'`'" $img
done

こんな感じで。

そうそう、実行する前には必ずバックアップを忘れずに。

参考:
exiv2でexifをいじる - 海と空と山
Exiv2 - Image metadata library and tools

< python/Pillowで輪郭を見つけたり強調したり RuuMusicっていうandroid用の音楽プレイヤーを作った >