BlankTar

about | blog | works | photo

Wi-Fi使ってますか。その認証はエンタープライズですか。
一々Wi-Fi繋いでからブラウザでログインしてーとかやると面倒なので、大学のWi-Fiがエンタープライズ認証になってからとても幸せな日々を送っております。
という感じで素敵なWPA2 エンタープライズ認証なわけですが、これlinuxから設定するとちょこっと面倒臭いんですよね。まあ、正しくはGUIの便利ツール使わずにやろうとすると、なわけですが。

まあともかくですよ。wpa_supplicantで設定しようとすると色々と設定ファイルが面倒なので、うちの環境の場合の設定ファイルを公開しておきます。

我が大学の環境は
セキュリティの種類: WAP2 - エンタープライズ
暗号化の種類: AES
ネットワークの認証方法: PEAP
サーバ証明書: なし
フェーズ2認証: MSCHAPv2
らしいです。

では設定ファイル。/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confあたりにあるやつです。多分。

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
load_dynamic_eap=/usr/lib/wpa_supplicant/eap_tls.so
load_dynamic_eap=/usr/lib/wpa_supplicant/eap_md5.so

ctrl_interface_group=0

network={
	ssid="this is SSID"
	scan_ssid=1
	identity="your user name"
	password="here is password"
	key_mgmt=WPA-EAP
}

こんな感じで。load_dynamic_eapあたりが重要なようです。よく分かりません。
勿論ですが、this is SSIDyour user namehere is passwordは書き換えて使ってくださいね。

ではでは、無事に繋がることをお祈りしております。

p.s. 2015-11-11

passwordを平文で書きたくない場合、ハッシュ値を書くことも出来るようです。
詳細はarch linuxのフォーラムにやり方が載っているのでご覧ください。

< Javaで文字の出現回数を数えたい CUDA使って九九の計算をやってみた >