BlankTar

about | blog | works | photo

ほとんどのエンジニアには解けるパズル2を解いていたらcurlが楽しくなってしまったので、curlの勉強をしようと思いまして。
んで色々調べていたら、どうもcurlはIMAPも取り扱えるらしい。なんでやねん、と思いつつ試してみたので、やり方をメモ。

今回はgmailで試すのでgmailのアドレスを書いていますが、おそらくIMAPサーバーならどこででも使えます。試してません。

curlでメールを送信する記事もあります。あわせてどうぞ。

メールの件数を取得する

とりあえず、メールボックスの一覧を取得します。

$ curl -u username 'imaps://imap.gmail.com:993'
Enter host password for user 'username':
* LIST (\HasNoChildren) "/" "INBOX"
* LIST (\HasChildren \Noselect) "/" "[Gmail]"
* LIST (\All \HasNoChildren) "/" "[Gmail]/&MFkweTBmMG4w4TD8MOs-"
* LIST (\HasNoChildren \Trash) "/" "[Gmail]/&MLQw33ux-"
--以下略--

環境にもよると思いますが、なんかいっぱい出てきます。ずらずら。文字化け(?)は気にしてはいけない。

そしたら、INBOXに入ってるメールの件数を取得してみます。

$ curl -u username 'imaps://imap.gmail.com:993' -X 'EXAMINE INBOX'
Enter host password for user 'username':
* FLAGS (\Answered \Flagged \Draft \Deleted \Seen $Forwarded $MDNSent $NotPhishing $Phishing Junk NonJunk)
* OK [PERMANENTFLAGS ()] Flags permitted.
* OK [UIDVALIDITY 123456789] UIDs valid.
* 10051 EXISTS
* 0 RECENT
* OK [UIDNEXT 12345] Predicted next UID.
* OK [HIGHESTMODSEQ 1234567

一部適当な数字で置き換えていますが、だいたいこんな出力。
気にすべきは、10051 EXISTSってところ。10051件のメールがあります。わお。

メールを読む

そしたら今度は、いよいよメールを読んでみます。

$ curl -u username --silent 'imaps://imap.gmail.com:993/INBOX;UID=10051;SECTION=TEXT' | nkf
Enter host password for user 'username':
ここからメールの本文。ずらずらと。

--silentオプションを外すと、ダウンロードの進捗状況が表示されます。無くても良い。
nkfはメールをデコードするために使っています。必要無い場合もあるし、別のコマンドにしないといけない場合もあるかも。
UID=10051のところで指定している数字がメールの番号で、数字を大きくすると新しい、小さくすると古いメールになります。
;SECTION=TEXTを外すとヘッダー込みのデータが、;SECTION=HEADERにするとヘッダーのみのデータを取得出来ます。

未読/既読の操作

でまあ、こうなると未読メールの一覧も取得したくなるわけです。取得してみます。

$ curl -u username 'imaps://imap.gmail.com:993/INBOX' -X 'SEARCH UNSEEN'
Enter host password for user 'username':
* SEARCH 10046 10050

こんな感じ。
お察しの通り、表示された番号がメールのUIDです。さっきのメールを見るコマンドを使えば目的のメールを見ることが出来ます。
取得するだけで既読フラグが付くようで、わりと良い感じです。

既読フラグを操作したいときはSTOREコマンドで以下のように。

$ curl -u username 'imaps://imap.gmail.com:993/INBOX' -X 'STORE 10050 -Flags \Seen'
Enter host password for user 'username':
* 10050 FETCH (FLAGS ())

$ curl -u username 'imaps://imap.gmail.com:993/INBOX' -X 'STORE 10050 +Flags \Seen'
Enter host password for user 'username':

大体同じ感じのコマンド。
違うのはFlagsの前の+-だけです。+なら既読に、-なら未読に。

なんでも出来る感じあって良いね、curl。もっときちんと使いこなせるようになりたいものです。

参考: Curl: Recent IMAP changes

< portageをsyncしようとすると.gitがどうので怒られる。 メールを送ろう。curlで。 >