BlankTar

about | blog | works | photo

何を思ったのか、Elixirなる言語を触り始めました。
なんだかよく分かりませんが、なんだかとっても楽しい言語です。
ただ、新しい言語だけあってやたらとドキュメントが無いのがかなしい。

で、この記事はElixirを使ったディレクトリの操作についてのまとめです。

p.s. 2016-06-19

ファイルの読み書きについての記事も書きました。併せてどうぞ。

ファイルの存在確認

あるファイルが存在するかどうか確認するにはFile.exists?関数を使います。

iex> File.exists? "/"
true

ディレクトリかどうか調べる

ファイルなのかディレクトリなのかを見分けるにはFile.dir?関数を使います。

iex> File.dir? "/dev"
true
iex> File.dir? "/dev/null"
false

ディレクトリの中身を見る

File.ls関数でファイル/ディレクトリの一覧を取得出来ます。

iex> File.ls
{:ok, ["files", "of", "current", "directory"]}
iex> File.ls "/path/to/directory"
{:ok, ["hoge.txt", "fuga.mp3", "foo.png"]}

引数省略でカレントディレクトリの情報を取得出来るとか、まんまシェルのlsコマンドって感じ。

カレントディレクトリを変える

ls関数があればcd関数もあります。

iex> File.cd "/path/to/dir"
:ok

lsでは引数省略が出来ますが、こっちは引数省略は出来ないようです。

cwd関数でカレントディレクトリを取得出来ます。

iex> File.cwd
{:ok, "/mnt"}

ディレクトリを作ったり消したり

ディレクトリの作成はmkdir関数で。
mkdir_p関数を使うと親ディレクトリも込みで作ってくれます。

iex> File.ls
{:ok, []}
iex> File.mkdir "dir"
:ok
iex> File.mkdir_p "path/to/dir"
:ok
File.ls
{:ok, ["dir", "path"]}

普通にシェルって感じです。

ディレクトリの削除にはrmdir関数を使います。
rmdir関数は空のディレクトリしか消せませんが、rm_rf関数を使えば中身があっても消せます。もう完全にシェルって感じです。

iex> File.mkdir_p "hoge/fuga/foo"
:ok
iex> File.rmdir "hoge/fuga"
{:error, :eexist}
iex> File.rm_rf "hoge/fuga"
{:ok, ["hoge/fuga", "hoge/fuga/foo"]}
iex> File.rmdir "hoge"
:ok

エラーチェックを省略する

ここまでの例では、戻り値の最初の値は全て:okや:errorになっていました。
Elixirではこの値を使ってエラーチェックをするのが通常らしいです。

エラーチェックが面倒臭かったら、関数名の後に感嘆符を付けると良いようです。
感嘆符を付けた関数を使うと、戻り値で失敗を伝える代わりに例外を投げてくれるようになります。

こんな感じ。

iex> File.ls "not-found-directory"
{:error, :enoent}
iex> File.ls! "not-found-directory"
** (File.Error) could not list directory not-found-directory: no such file or directory
	(elixir) lib/file.ex:1167: File.ls!/1

ls以外の関数でもFileモジュールの中の関数ではだいたい使えるっぽいです。

参考: File - Elixir v1.2.5

< dockerグループの権限でホストのrootアカウントを奪取する Elixirでファイルを読んだり書いたり >