BlankTar

about | blog | works | photo

star

簡易的なファイル転送ツール。
USBメモリの差し替えがめんどかったから作った。案外便利。

今のところコマンドラインのみ。そのうちGUI化する、かもしれない。
python2.xとpython3.xの両バージョンに対応しています。


最新バージョン: 2 alphaB
最終更新日:
動作OS: windows OSX linux
必要環境: python2.x もしくは python3.x
[ 拍手 ] [ tweet ] [ いいね! ] [ +1 ] [ B! ]

リリースノート

バージョン 2 alphaB

公開
python3.3だかpython3.4以降にあったライブラリの仕様変更に対応。
threading.Semaphoreが関数からクラスになったっぽい。

ソースコード

バージョン 2 alpha

公開
とりあえずプロトコルだけ確定したバージョン。
本当はクリスマスまでに書きなおすつもりだったのだけれど、間に合わなかった。
それなりに安定しているとは思うけれど、やっぱりバグが多いので注意。

ソースコード

バージョン DraftStar (2.x 候補版)

公開
アップデート
アップデート
アップデート
アップデート

1から書きなおした次期starの候補版。バグに注意。
不安定版ですので、安定性を求める場合は1.xを使ってください。・・・ま、ぶっちゃけそっちも微妙だけれど。

公開時点でのマニュアルを用意しました。
日々ちまちまアップデートしていますので、情報が間違ってる可能性もあります。ご注意。

ソースコード

バージョン 1.6

公開
windowsで複数のファイルを同時に受信できるように修正。
さらに幾つかバグフィックス。

次期バージョンはメジャーバージョンアップ、かも。

ソースコード

バージョン 1.5

公開
ディレクトリを再帰的に転送するかどうかのフラグを追加
送信側と同じディレクトリ構造を再現するかどうかのフラグを追加
複数設定できないオプション(ポートとか)が重複した場合、最後のものを優先するように変更

あと、細かい所でヘッダに「MIT License」という表記を追加。という訳で、このバージョンからMIT Licenseです。
正確には全文掲載しないと法的効力はないらしいけどね。まあ、長いし。

ソースコード

バージョン 1.4b

公開
いくつかバグフィックス。機能はなんも増えてないっす。

ソースコード

バージョン 1.4

公開
python3.xに対応! 今までどおり2.xでも動作します。
更に ディレクトリ名/ とすると、ディレクトリ以下の全てのファイルを送信するようになりました。

ソースコード

バージョン 1.3b

公開
-a -b -c って書かなきゃならなかったところを -abc で済むように改良。

ソースコード

バージョン 1.3

公開
sendモードで「star send 送信先」としていたところを「star 送信先」で済むように改良。
あとそのたもろもろ。

ソースコード