Blanktar

  1. top
  2. blog
  3. 2013
  4. 11

pythonのPILを使ってExifを見る

追記
pyexiv2というライブラリを使って読み書き方法も書きました。 対応する要素の種類も多いっぽい。

pythonのpyexiv2でExifをごにょごにょする

大抵のデジタル画像にはExif情報ってのが付いてます。 撮影地とか撮影した時間、使ったカメラのスペックとか設定が分かるやつね。 これをpythonから見る方法。

from PIL import Image, ExifTags

img = Image.open(testfile)

for key, value in img._getexif().items():
    if key != 37500:
        print ExifTags.TAGS.get(key, repr(key)), '=', repr(value)

こんな感じで。

飛ばしている37500ってのはMakerNoteというもので、カメラメーカーごとに独自のもののようです。 結構サイズのあるバイナリなので、表示せずにスキップしています。 内容を解析されている方が居らっしゃるようなので、興味があれば下記のリンクから是非。

この画像でやった場合の出力を置いておきます。結構情報量多いね。

ExifVersion = '0230'
ComponentsConfiguration = '\x01\x02\x03\x00'
CompressedBitsPerPixel = (4, 1)
DateTimeOriginal = '2013:10:17 02:20:56'
DateTimeDigitized = '2013:10:17 02:20:56'
MaxApertureValue = (16, 10)
FlashPixVersion = '0100'
MeteringMode = 5
LightSource = 0
Flash = 0
FocalLength = (185, 10)
41996 = 0
CFAPattern = '\x02\x00\x02\x00\x00\x01\x01\x02'
Make = 'NIKON CORPORATION'
Model = 'NIKON 1 V2'
SubsecTimeOriginal = '55'
Orientation = 1
YCbCrPositioning = 2
41992 = 0
SensingMethod = 2
41988 = (1, 1)
ExposureTime = (30, 10)
FNumber = (32, 10)
FileSource = '\x03'
ExifInteroperabilityOffset = 21716
ExposureProgram = 1
ColorSpace = 1
GPSInfo = {0: (2, 3, 0, 0)}
ISOSpeedRatings = 160
41987 = 0
41991 = 0
34864 = 2
Software = 'darktable 1.2.2'
DateTime = '2013:10:17 02:20:56'
42036 = '1 NIKKOR 18.5mm f/1.8\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x
00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x
00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00\x00'
41993 = 0
SceneType = '\x01'
41994 = 0
41985 = 0
41989 = 49
41990 = 0
SubsecTime = '55'
41986 = 1
ExifOffset = 200
SubsecTimeDigitized = '55'

参考: