Blanktar

  1. top
  2. blog
  3. 2014
  4. 10

gentooでジャンボフレームを使ってみる

追記
この記事はOpenRCを導入している環境向けです。
systemd-networkdだとうまく動いてくれないようなので、systemdの場合の記事をご覧ください。

ルーターの設定をぱらぱらと見ていたら、use jumbo frameなんて設定項目が。 そっかージャンボフレーム使えるのかー。んじゃあ使ってみるかー。というノリで導入してみたので、メモ。

まずはお試し。適当なMTU値を設定して、本当に速くなるのか試してみます。

$ sudo ifconfig eth0 mtu 3000

みたいにすると、eth0のMTUを3000にしてくれます。

速度を測るのにはiperfというツールを使いました。使いやすくていいね、これ。

portageに入っているので、

$ sudo emerge iperf

で入ります。

一方のPCで

$ iperf -s

としてサーバーを立ち上げて、もう一方のPCで

$ iperf -c [サーバーのIPアドレス]

とすると、通信速度を計測してくれます。

当然ながら二台以上必要になっちゃいますが、まあしょうがないね。

いろいろ試して最適なMTU値を探してみてください。

私の環境の場合、MTUを1500から6000にして、通信速度が940Mbpsから974Mbpsになりました。 思ったよりきっちり効果が出てうれしい。

で、一つ注意点。 ifconfigで行った設定は再起動すると消えます。きれいさっぱり。 なので、設定ファイルに書いて永続化しましょう。 /etc/conf.d/net

eth0_mtu="6000"

みたいに追記。 これで再起動しても問題なくなるはず。


参考: