Blanktar

  1. top

blog

  1. GitHubのdependabotの挙動をカスタマイズする

    GitHubに組み込みの依存関係更新ツール(?)であるdependabotがPRを作るタイミングやラベルなどをカスタマイズする方法です。結構細かいところまで設定出来るっぽい。

  2. PowerShellでgrep -oみたく正規表現にマッチしたところだけ抜き出す

    Linuxで使える「grep -o」コマンドを使うと、正規表現にマッチした部分だけ取り出せて非常に便利です。WindowsのPowerShellの場合はそんな感じのオプションは無いらしく…組み合わせで同じ挙動を実現する方法を調べてみました。

  3. curlでBASIC認証の動作確認をする

    HTTPのBASIC認証を使ったアカウントが10個くらいあるWebサイトを作ったのですが、一個一個動作確認するのは面倒臭くて…。それ、curlコマンドで自動化出来ます。

  4. Sphinxで書いたドキュメントをGitHub ActionsでPDFやHTMLに自動ビルド

    GitHub上で管理しているSphinxのドキュメントを、タグを打つだけでGitHub Actionsがビルドしてリリースに保存するようにしてみました。ビルドの手間もファイル共有の手間も無くなるので、かなり便利です。

  5. Python/Pipenvでインストールしようとした時に出るAssertionErrorやFileNotFoundErrorの直し方

    Pipenvを使ってPythonのパッケージをインストールしようとしていたところ、やたら長いトレースバックと共にAssertionErrorが出るようになってしまいました。このエラーを解決する方法についてのメモです。

  6. gitの「src refspec refs/heads/master matches more than one」ってエラーの直し方

    GitHub Actionsで色々試行錯誤していたところ、突然「src refspec refs/heads/master matches more than one」というエラーが出て`git push`出来なくなってしまいました。この原因と、対処方法についての記事です。

  7. RAID5なbtrfsのHDDをreplaceした話

    btrfsで作ったRAIDディスクアレイのHDDが怪しい挙動をしていたので、新しいHDDに交換しました。まだマウント出来る状態のHDDを新しいものに置き換えて、ついでに容量を大きくする方法のメモです。

  8. Node.jsでMarkdownをplain textに変換する

    Node.jsを使って、Markdownのマークアップを削除してプレーンテキストに変換する方法です。依存関係は無いようなので、ブラウザでも動くはずです。

  9. linuxのシェルコマンドでWebページのタイトルを取得する

    多くのLinuxに標準で入っているcurlコマンドとgrepコマンドを組み合わせて、Webサイトのタイトルを取得する方法です。

  10. Reactでステートの値が反映されない時に試すこととその理由

    ReactのコールバックやuseEffectで、更新したはずのステートの値をちゃんと取得出来ないことがあります。これを回避する方法と、そもそも何故そんなことになるのかという解説です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7